<< 朝がきた | TOP | ノスタルジィスポット >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 犬猫戦争
屁理屈をこねるのをやめたら、だいぶ考えることがなくなってしまいました。
逆に言うと、ここのところ頭ん中が空っぽなのは、屁理屈をこねるのをやめたからなのだろうと思うのです。自分の人生は屁理屈で成り立ってたてことです。ムダなもんをはがしてみたらカラッポだったてことです。

この先、私はどうやって生きていったらよいのでしょうか。(半開きのお口からヨダレを垂れ流しつつ)

そんなカラッポな木村(仮)ではありますが、とりあえず犬という存在は脅威なのだと言うことは分かりました。
この記事によると、犬というイキモノは普通に人間の三歳児並みの言語理解能力を兼ね備えているそうです。ボールをとってきなさい。と命じると、ボールを、バナナをとってきなさい。と命じると、バナナをちゃんと見分けてとってくるそうです。

名作、『猿の惑星』という映画をご覧になりましたでしょうか?
あの映画、そもそもの始まりは、一匹の猿でしたね??
一匹の猿が人間の使う言語を理解し、口を利いたことから(人間にとっての)悪夢が始まったわけです。

これはもう、はっきり言って脅威です。
ジョリーはおりこうさんだねわっしゃっしゃ!(ムツゴロウっぽく)
などと喜んで、自慢の毛並みをくしゃくしゃにしている場合ではありませんよこれは。
ほうっておいたら大変なことになりかねませんから。

今まで、お手!だのお座り!だのあげくのはてにはちんちん!
などと言いたい放題命じていたのが一転、ヨダレをたらした(体温調節のため)犬どもに、こきつかわれる日がやってくるのやも。犬の惑星誕生!ご主人たまにちくわ持ってこいワンタッタ!(体温調節の為、ヨダレをたらしながら)

ヤバイて!
マズイて!
ピンチチャーンス!(ピンチなのかチャンスなのかはっきりして!!)

というわけで、やっぱり時代は猫なのだと思います。
結婚するなら猫好きな男!
犬好きな男との恋は4年で終わる!!
オトコのことは猫に聞け!!!



…別にまわしものではありませんから。

あしからず。
03:44 | ニュース | comments(0) | trackbacks(0)
 スポンサーサイト
03:44 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://cheeps.jugem.jp/trackback/51
トラックバック