<< 晴天 | TOP | フェチバトーン >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 サバイバル花火
クリックすると大きい画像出ますヨフガフガ。本日は江戸川花火大会へ出向きました。うちのバンドのDrちゃんが近くに住んでいるので、お料理から場所とりからすべて用意してくれました!ありがとおおお。

場所もS席レベルまではいかないが、なかなかなナイスポジション。
そもそもS席レベルだと、チケットぴあよろしく徹夜で場所取りしてる人たちしかとれないような人気っぷりらしい。
江戸川花火って一大イベントなのねー。
ちょっとアクセスしづらいから、こんなに混むものとは思ってなかったよ。
トイレいくのに駅ビルのエレベーター乗り込んだら、
同乗していたおまわりさんが、外の人ごみを見て
「こりゃあもう新宿だね。篠崎新宿。ハハハ」
などとつぶやいて、他の同乗者がちょっとリアクションに困りながらも、
ハハハと笑っていたのが印象的です。
まあ、ともかくそれぐらい人口密度が高かったということですかいね。

土手沿いでシート広げてお酒飲んで、Drちゃんのお母たまが作ってくれた
おにぎりやら煮物やらから揚げやらほお張ってお喋りしてたらもう、
それだけで満足してしまいましたよ。
というか、憧れのキンパチ土手っぽい土手だったし。
あたしゃあ、こういう土手が大好きなんだあああー。
川沿いだとやっぱ風通しがよいねー。日が暮れたらもうけっこう涼しい。

クリックすると大きい画像出ますヨそれでもやっぱり花火が始まったら始まったで、うおおーなどとお口半開きのまま言葉にならない声を漏らすことになるわけですが。
なかなか派手でよかったよ、江戸川花火。
色とりどりでかわいらしい。

しかしながらトイレが混み混みで、皆で順番にトイレ待ちしてる間に終わっちまった感はアリ……。
でも、夏感じました。やっぱ花火大会はいいなあー。

と、ここまではよかったんです。
楽しいお話も聞けたし、美味しい料理も食べたし、お酒も飲みながら花火見て、文句なし。

ところが、そんな順調には終わらなかったんです……。

近所に住むDrちゃんたちは、自転車で来ていたのですよ。
アイスボックスやら持ってきてくれてててその荷物もあるしで、
土手のところでサヨナラしたんです。
それから残りの3人で民族大移動みたいな人々の後をついて
駅前までたどり着いた・ら!

ここここれはなんだ!?
地下鉄の駅から人があふれている!!!
列の最後尾がどこなのかわからないぐらいの行列!
というかむしろ、行列なのか集団なのかわからないぐらいの人口密度!
もうちょっとした夏フェス状態になってました。
嵐に見舞われて下山できない人続出だった、フジロック一年目を思い出す……。

これ待ってたら何時間かかるかわかんないねー。
ちょっとどっか入ってやり過ごそうかー?
なんて言ってあちこちまわってみるも、どの店も満員御礼。
普段ぜったい客入ってないよねえ??みたいなさびれた蕎麦屋ですら満員。
んがーーーーん。

か、帰れない………??花火難民………???

などと途方にくれる3人。
しばらく駅周辺をうろうろしてたんだけども、一向に減る気配のない
人口密度に辟易して、駅一個分歩こうかってことになりました。

近くにいたおまわりさんに聞いてみたら、千葉側の駅までは歩いたら
一時間かかるよって言われて、東京側の駅方向に向かうことに決定。
大通りを歩きつつ、タクシーを探す。
タクシーが通りかかれば人が乗っていようがいまいが手をあげる。
気づくと、同じく歩いてるほかの花火難民たちも手をあげてる。
でもやっぱ空車なんてほとんど走ってないんだよねえ。

もうこれはしかたないので、この状況を楽しもうぜ!
などと言い、途中コンビニでアイスを買って食べながらひたすら歩く。
そして少し行くと、一組のカップルが空車を止めているではないか!
でもタクシーは千葉方面に走っていて、カップルは東京方面に
行きたかったようで交渉決裂した様子。
それを見て、すかさず、千葉方面でもいいから乗せてくれ!
とハイエナのようにたかる私達。

それまで東京方面に向かって歩いていたわけですが、
そんなことはこの際関係ないのです。
何はともあれ、普通に電車に乗れる駅まで行ければいいのです。
というわけで、ようやくタクシーゲット!

そして、タクシーに向かってぞくぞくと手をあげる難民たちが
ゾンビのように見えました。
わー、もう停車とかしたら引きずり降ろされそうw
あー、ゾンビの世界から人間界に戻ったよー(*´∀`)

でもこのとき既に10:30で、終電を意識しだす時間帯……。
混んでない駅ってことで西船橋まで行ってもらってそこから帰ってきました。
地元のDrちゃんに電話で聞いたら、けっこう遠いよそれーっ
て言われてちょっと心配だったんですが、
なんとか終電間に合って帰宅できました。

あーよかったよー。
もう帰り道とか皆かなり疲れ果ててテンションひっくーってかんじでしたが…。
それでもなんとか帰れたことを喜びあい、
そして西船まできたことで座って帰れることを喜びあい、
帰ってきましたとも。

あーーーーー。
都会でサバイバルしちゃった今夜★
04:22 | イベント | comments(0) | trackbacks(0)
 スポンサーサイト
04:22 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://cheeps.jugem.jp/trackback/337
トラックバック