スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 メルヘンティック
凍った空気に覆われて。
鈍く光るお月様の爪はきっと鋭い。

あまりの寒さにお月様もご乱心。
一人でいるのが寂しくなったらきっと。
凍って尖った爪の部分に。
お気に召したアレやコレやを引っ掛けて。
自分の元へと釣り上げているのに違いないのだ。

だけどもカチンコチンに冷凍されたお月様は。
きっと衝撃に弱いことにも違いないのだ。

それで釣り上げられたアレやコレやに頭突きをされて。
いとも簡単にパリンと割れた爪の部分の欠片とともに。
アレやコレやは下界に落ちる。

凍った雲がお月様を隠している間に。
欠けた部分を修復しては。
何食わぬ顔をして光り続けるのだけれども。

そんなことのあった翌日の朝には。
土を踏むとサクサクしている。
アレは霜なんかではなく。
お月様の欠片に違いないのだ。
04:00 | ウワゴト | comments(2) | trackbacks(0)
 いとおかしっぽく
夏は夕暮れから先が好きだね。
単純に涼しくなるのもあるけど、なんか空気が甘酸っぱいよね。

帰りの電車の車窓から、多摩川で花火する人々。
子供が両手に花火持って、弟を追い掛け回す。
なんかもう、キャッキャ言う声が聞こえてきそうじゃん。
続きを読む >>
03:54 | ウワゴト | comments(0) | trackbacks(0)
 そんな日
オレンジ色の月
しめった草のにおい
終電後、人気のないスーパー
つきないおしゃべり
相変わらずな二枚爪
完成間際で諦める作業
真夜中のプリン
天気雨
ベランダに鳩の糞
向かいのマンション早起きのおじさんと目が合う
赤いメガネへの思い入れ
クラクションクラクションクラクション

さよなら。
06:19 | ウワゴト | comments(0) | trackbacks(0)
 厠アート
ねこ
99円スーパーのトイレがアーチスティックだった。
これはトイレのタンクにはってあった手描きの猫の「トイレはキレイに」シール。
単色でなく、交ぜ合わされたかんじの色合いがなにやらアートを感じさせます。



つる
こちらはトイレの壁に描いてあった妙にうまい鶴の絵。
なんか油絵みたいにここだけ盛り上がってテカテカしてたんだけど、このトイレにこもってしこしこ描いたのだろうか。
落書きにしちゃレベルが高いなあ。
03:37 | ウワゴト | comments(0) | trackbacks(0)
 限界LOVERS★
いろいろ限界が見えてくるお年頃ですねしかし。
続きを読む >>
06:26 | ウワゴト | comments(0) | trackbacks(0)
 綿毛
流されて生きてるけど、いつだってメガネは調度をあわせて、
曇らないように磨いておこう。

ただ待ってるわけでなく。
流れにまかせて一応でもなんでも進んでいる状態で。

そもそもきっと生きてるかぎりは皆ノンストップでしょ。
足踏み状態があったとしても。
自分自身が止まってても、動く歩道みたいなかんじできっと進んでいるのだわ。

いつだって欲しい流れに乗りこめるように。
見逃さないようにアンテナはって。

素敵なことは見逃さないように。

大事なことは忘れないように。

いつだってふと思い出せるようにすぐに取り出せるポケットに入れておこう。



今日も早起きだったので眠いです。
寝るべきだ。
05:25 | ウワゴト | comments(0) | trackbacks(0)
 はかなげフォーエバー
もう少ししたら、散っちゃいますか。
また一年後ですか。
はかないですね。
だけどセミよか長生きですね。

ナマモノぽいものてちょっといいよな。
期間限定てゆうかさー。レアさをアピール??
それでもご期待に沿えて、ちゃんと毎年咲いてくれるから桜はエライね。

殺してもしななそうといわれてしまいがちな木村(仮)です。
死因はおそらく老衰であろうと言われてしまう木村(仮)です。

ドラマが足りない。

基本的には平穏を愛していますけど。

それでも、終わらないものだとか永遠を謳うものなんて信用できません。
んなもんねーよ。
04:54 | ウワゴト | comments(0) | trackbacks(0)
 マンホールのまんなか
なんだかさ。
鈍くなっちゃってて参っちゃうよね。

投げる力も受ける力も錆び付いてるのな。

もっと真ん中の柔らかい部分をギュッとつかんで滴り落ちるようなような何かを。

もうちょっとしたら。
ていつも思う。

だけどもうちょっとなんて本当は既にたっていて。
いつの間にかもう折り返し地点は過ぎ去っていて。
あとは失ってく一方なのかもしれない。

なんつう弱気にかられる真夜中。

今夜の料理はハンバーグさ。
04:17 | ウワゴト | comments(0) | trackbacks(0)
 ピヨピヨ戦争
まっきいろなマニキュアはふきとってもまっきっき。

なんていうか、いろいろ反省。
反省してもすぐに変われないのはその気が足りない証拠でしょうか。
どうにも反省の色が見えないようで困りましたね。
こんぐらいはっきり色で見えるといいのになあ。

がんばろう。
とか。
がんばって。とか。
実はあんまり得意じゃないから言いたくないんだけど、他に言葉がみあたらなくて普段からよく使う。
言ったあとにこっそり芽生える少しのプレッシャーと罪悪感。

なにか少し無責任な発言な気がして。
うまく使えばたまに響くのだけど。
安売りはよくないね。
かといってボキャブラリーが足りないのできっとまた気軽に使ってしまう。

ヒロトになら言われた〜い★

け・ど・ね!
05:12 | ウワゴト | comments(0) | trackbacks(0)
 ノスタルジィ
今住んでいる場所は、すぐ横を高架で高速道路が走っているのです。

そんなわけで、朝となく夜となく車がスピードあげて走り去る音が聞こえてくるのですが、丘の上に中学校があるらしく、昼間はそれに混じって吹奏楽部の練習音が聞こえてくるんです。

こう見えて(どう見えていると言うのか)自分は中学生時代、吹奏楽部所属だったわけなのですが。
昼下がりに遠くから聞こえてくる、苦しそうなトランペットのロングトーンや、微妙にズレのある、木管楽器のキュルキュルとした音質のスケールは、どことなくノスタルジーですね。
こんな晴れた空の昼下がりは特に。

そんなノスタルジーを感じて初めて、いつの間にか自分にとってそれが思い出になっていることに気付く。

思い出は甘酸っぱくあってほしいものだね。
04:09 | ウワゴト | comments(0) | trackbacks(0)